サイトメニュー

自宅で簡単に実践できる

悩む女性

トラウマや心の傷を癒す

うつ病は一時的に大きなストレスが掛かったり、大切な人との生死別、引っ越しや転校、転職などの環境の変化だったりが原因で、発症することがあります。思春期の年代のお子様から、高齢者まで誰でも罹る可能性のある病気です。うつ病には一般的な病気の他には、非定型うつなどの従来のうつ病とは違った症状が出る種類もあります。うつ病を予防したり、症状の悪化を防いだりするためには、バタフライハグがお勧めです。バタフライハグは、両腕を交差させて自分を抱くような動作をするため、蝶々のように見えるのでこの名前が付いています。20秒間ぐらい左右の肩を軽くたたくなどの運動を繰り返したり、深呼吸をすることで、精神的なストレスを緩和したり、憂鬱な気分を改善する効果があります。自宅で簡単に実践ができるので、中学生や高校生などにもお勧めです。うつ病は集中力や気力の低下などが見られたり、趣味や娯楽に関心が乏しくなったり、人と会ったり、外出を避けるなどの症状が見られます。病気が疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、問診やカウンセリングを受けることも大事です。十分な休息や睡眠を得ることで、薬の効果を高めることが出来ます。早い段階で治療を受けることで、回復を速める効果があります。うつ病は年齢を問わず、誰でも罹る可能性がある病気なので、気になる症状が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。心の傷やトラウマなどがある人は、うつ病を発症しやすい傾向があります。うつ病は真面目で責任感が強く、協調性のある優しい人が罹りやすい病気です。バタフライハグは、腕を交差させて自分を抱いたり、肩を叩いたりするなどの動作をしますが、心の傷やトラウマを癒す効果があります。精神を安定させる効果があるため、思春期の年代のお子様や、高齢になってからうつ病を発症した人にもお勧めです。バタフライハグは、自宅で簡単に実践ができるので、しばらく続けてみると良いでしょう。うつ病を発症した人は、両親からの愛情不足で孤独を感じていたり、トラウマなどの心の傷を持っていたりするケースが多いです。非定型うつは、周囲の人から甘えや怠けなどと感じやすく、誤解のされやすい病気ですが、本人は辛い症状で悩んでいます。精神神経科の病院やクリニックを選ぶ時は、問診やカウンセリングに時間を掛けてくれる所がお勧めです。うつ病を改善するためには、内服薬を服用したり、十分な休息や睡眠を取ったりすることも大事です。バタフライハグは、心身を安定させる働きがあるので、自宅で実践するのがお勧めです。

Copyright© 2019 バタフライハグで精神を落ち着ける!精神障害を予防 All Rights Reserved.