サイトメニュー

お子様や大人にも有効です

医者

病気の予防に役立てたい

うつ病は環境の変化や、大切な人との生死別、加齢による孤独や病気などが原因で発症することが多いです。日照時間が短くなる冬の時期は脳のセロトニンが不足しやすいので、冬季うつの症状が出る人もあります。うつ病は代表的な精神疾患のひとつなので、現在は健康でも一時的に大きなストレスが掛かると、誰でも発症する可能性があります。憂鬱や気分が長く続いたり、興味や喜びの喪失などが見られたりする場合は、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して下さい。バタフライハグは、両手を胸の前で交差させて、20秒から30秒ぐらい肩を軽くたたく動作をします。バタフライハグには、憂鬱な気分や精神的なストレス、心の傷などを癒す効果があります。欧米諸国などではうつ病予防に役立てられると言われています。腕を交差させて自分の胸を抱きしめる動作をします。中学生や高校生などのお子様は、大人に比べるとストレスを発散させる場所なども少なく、両親共に忙しいご家庭が増えているので、寂しさを感じている人も少なくありません。お子様もうつ病に罹る可能性があるため、学校に行きたがらなくなったり、成績が著しく低下していたりする場合は、時間を掛けて話を聞いてあげることも大事です。女性は男性に比べると、ホルモンの影響を受けやすく、妊娠、出産を経験する人も多いため、男性に比べるとうつ病に罹りやすい傾向があります。真面目で責任感の強い性格の人は、精神的なストレスを受けやすく、自己評価も低いのでうつ病に罹ることもあります。バタフライハグは、両手を交差させて自分の胸を抱きしめる動作です。精神的なストレスを緩和したり、不安や緊張、寂しさなどを和らげたりする効果があります。うつ病は誰でも罹る可能性のある病気ですが、適切な対応をすることで、症状の悪化を防いだり、予防したりすることも可能です。一人で悩みを抱え込まず、両親や兄弟姉妹、友人などに悩みを打ち明けることも大事です。バタフライハグは、小さいお子様はもちろん、大人の場合でもうつ病予防に役立てられるので、一度実践してみると良いでしょう。特別な道具や場所なども必要ないため、気軽に実践しやすいなどのメリットがあります。うつ病は症状が悪化すると、一時的に休学や休職をしてストレスの多い環境から、離れて養生をすることも大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、一人一人の症状に応じた内服薬を処方してくれます。現代は比較的副作用の少ない医薬品が開発されているので、症状が良くなるまでは根気よく続けることが大事です。

Copyright© 2019 バタフライハグで精神を落ち着ける!精神障害を予防 All Rights Reserved.